ドコモ光でサービスで基本的な問題が改善されていないと思いました。

初めはフレッツ回線でしたが行きつけの家電店で、夫婦でドコモのスマホの契約なら、安くなるという事で変更してもらいました。

光なで、回線速度は早さは1GBと歌って居ますが、300MBで安定していれば、十分だと思っています。

最大の速度なので、まずそんな速度は出ませんと言い切れます。

回線速度だけで言ったらNUROという選択肢もありました。
ここから行けるエリア判定でも( NURO埼玉.com
うちの地域は大丈夫だったのですが、上記の理由から価格を優先しました。

サービスで困った事はないのですが、トラブルがあった時は困りました。

ドコモ光で契約しているのに、実際に来たのはNTTの作業者でした。

まあ、あくまでも回線をレンタルしているだけなので、実際のトラブルの時は、そういう形になるとは思いますが、

紛らわしいと思いました。

いろいろ見てもらって、こちらのミスで起こったトラブルだと分かり、直してもらいました。

そこで、ユーザーとしては、まず、料金の事になるのですが、NTT作業者の人達は答えられないといいました。

私は、全く意味がわからないし、料金の感覚もないので、どの位の請求になるかすぐに知りたいと思うのが普通です。

その作業者の方と話していたのですが、手数料を言えないという事でどこに行っても答えられない事でトラブルが

起きていて、困っていると正直に話してくれました。

その事から考えると、サービスを契約が増えればその分の料金が自動的に取得できるので、ドコモ側は、儲かるのも

分かりますが、そういったトラブルがあった事に改善が見られないという事が問題だと思います。

以前、ケーブルでの契約をしていましたが、地域密着型なので、どんな事でもすぐに対応してもらえたし、

料金がかかる場合でも、即、その場で教えてくれました。

お金が絡む事なので、一番、改善しないとユーザは減っていくと思います。

どんな業界でも当たり前だと思いますが、トラブルが発生した時にどこまでできるか、どこまでやればユーザが納得して

もらえるかが、回線業者の今後の生き残る課題だと思います。

デスクワークによる足のむくみの悩み

私はかなりむくみやすい方だと思います。特に以前デスクワークをしていた時は、夕方になると足がパンパンになってしまい、何とも言えないだるさや足の重みを感じていたものです。

足がむくむと、夕方の靴がとにかくキツくなるのが困りものです。私が働いていた職場の近くにデパートがあった為ショッピングはいつも仕事帰りにしていたのですが、靴選びがとにかく大変でした。むくみがひどいので、夕方の状態でピッタリの靴を選ぶと朝にはゆるいのです。

靴って、きつすぎても履きづらいですが、ゆるくても歩きづらくて大変なんですよね。1日の中で靴の履き心地が違うのは本当に辛いなぁと思っていました。

当時は一応何もしていなかったわけではなく、毎日自宅に帰ってきたら、できるだけクリームやオイルなどを使ってマッサージしていました。

今はデスクワークはしてないので少しは良くなったのですが、逆に立ち仕事でむくんで困っている人もいるみたいですね→立ちっぱなしむくみ.com

足首からひざに向かってギューっと絞り上げるような感じでマッサージすると気持ち良いんですよね。リンパマッサージなどで老廃物を流す、と言いますが、マッサージした後は確かに足がすっきりとするので、老廃物が流れているんだなぁーと体で感じることができました。

あとは、塩分を控えめにするというのもむくみにくくするためには大事ですね。塩辛いものなどを多めに食べた日の翌日はかなりむくんだものでした。

そんな過去の経験から、最近では座りっぱなしなど同じ姿勢をとり続けずにこまめに運動する、塩分控えめにするなどかなり毎日の生活で気をつけているつもりです。おかげですっかりむくみにくくなりましたよ。

我が家の楽しい食卓。

我が家の食卓はまず、旦那と子供が苦手な食材を考えてから。

我が家の旦那様は、とにかく苦手な食材が多い!子供より多いと思う(笑)

ニンジン、玉ねぎ、ねぎ、キノコ類、きくらげ等々。。細かくしたら頑張って食べれるのがニンジン、玉ねぎ。

だから、大好きなカレーはみんなみじん切り。大好きな麻婆春雨はきくらげ抜き。

まあ、結構めんどくさい(笑)

結構困っている人も多いみたいですね
主人や旦那が野菜嫌いで心配! 簡単に克服させる方法!

時間がなくて、忙しい時は、ニンジンも玉ねぎ大きくなるし、きくらげだって入っちゃう。

そんな時の食卓は、旦那様の小言が多い。

「あっ!ニンジンおっきくね?」「きくらげはゴム食べてるみたい。」等々。。

そんな小言を言ってると「パパはニンジン食べなきゃ僕みたいになれないよ!」「も〜パパったらちゃんと食べなきゃダメでしょ!私が食べてあげる。」

小さな可愛い支援隊が私を援護をしてくれるのだ(笑)旦那様もたじたじ。。

そんな笑ってしまう子供たちと旦那様の姿を見てる時間が私は一番幸せだ。

またニンジンおっきくしてやろう。

密かに思う私なのだ。